環境ナビ

「環境ナビ」は、地球環境問題のニュースを取り上げます

固定ページ

"area"の検索結果:2件

Aboutus

サイトポリシー

地球環境の悪化に伴い、人類存続の危機感を表す「環境危機時計」の時刻が、今年は「923分」になりました。3年連続で改善していた危機感が昨年よりも22分進み、悪化に転じています(91分から120分までが「極めて不安」を示し、12時に近づくほど深刻であることを示しています)

こうした中でエネルギー問題、温暖化などに地球環境問題が世界中の関心を集めています。経済や豊かさにおいてもこれまで経済的な優位であることに大きな価値が置かれてきましたが、持続可能な社会、地球との共存との考え方が見直され、身近な暮らし、社会も大きく変化しようとしています。

これまで人類は地球に大きな負担をかけ、物質的な豊かさを求めて邁進してきました。しかし、地球はもちろん、山、海や川、空気、水、食糧、そして、地球上に暮らすすべての生物により、維持されている生命のサイクルを壊しては、人類が生き続けていくことも、経済発展もありえません。

持続可能な社会の実現に向け、するべきことはたくさんあります。大量消費など生活スタイルの転換、野生動物や豊かな自然環境の保全、また、省エネや自然エネルギーへの転換、スマートシティー、スローフードや地産地消など、地域経済の活性化にもつなげようという取り組みも始まっています。このサイトでは生活者の視点から、環境問題、地域のエコな取り組みなどを紹介していきたいと考えています。末長く、お付き合いいただけますようお願いいたします。

過去記事

新たに策定された原子力災害対策指針現実的でない「原発ゼロの会」の国会議員、
首長らから異論
2022年原発ゼロ、2050年、自然エネルギー80%を選択したドイツの今
エコプロダクツ開催
環境保護と地域再生に取り組む佐渡の挑戦
「VISIONS 2012」開催
原発比率3つのシナリオに異議あり
東電の破たん処理を求める 超党派国会議員グループ原発ゼロの会
原発事故は人災。なぜ発表は再稼働後?
首相官邸前デモ2万人。高まる脱原発の声
成果なく、リオ+20閉幕
原発再稼働にNO!立ち上がる市民 首相官邸前で1万人がデモ
大飯原発再稼働へ 経済優先、安全性軽視でいいのか