環境ナビ

「環境ナビ」は、地球環境問題のニュースを取り上げます

活動

"5"の検索結果:295件

地球環境問題に【仕事】【働く】で貢献する!本日の環境・エコ関連の仕事・求人情報 11月5日(水)

今や新聞、テレビなどで聞かれない日はないほど、注目されている地球環境問題。環境・エコのビジネス市場は2020年、90兆円に拡大すると予想されています。環境・エコに関連する求人をピックアップします。

法務・総務業務全般/法務・総務業務経験3年以上、日商簿記2級以上/勤務地 品川区/ハローワーク

リニューアルした明るく快適なオフィスで働く一般事務/資料作成や電話応対などの一般事務全般をお願いします/学歴不問 一般事務の経験者はもちろん、未経験者も歓迎します/勤務地 東京都中央区/掲載終了または更新予定11/25 リクナビネクスト

<本日のエコとぴ>注目・地球環境問題ニュースをピックアップ!10月25日(土)

温室効果ガス:EU、40%以上削減を決定 30年目標

出典:温室効果ガス:EU、40%以上削減を決定 30年目標/毎日新聞

24日、2020年以降の日本国内での温室効果ガスの削減目標の議論が始まった。EUは2030年に90年比40%削減するのに対し、日本は2020年、05年比で3.8%減(暫定目標)、2020年以降は「できるだけ早期に提出」としており、出遅れ感が目だっている。世界が削減目標設定に向かう中で、日本はどうするのか。対応が注目される。

欧州連合(EU)は23日の首脳会議で、2030年に温室効果ガス排出を1990年比で「少なくとも40%」削減する目標を正式決定した。

出典:温室効果ガス:EU、40%以上削減を決定 30年目標/毎日新聞

地球環境問題に【仕事】【働く】で貢献する!本日の環境・エコ関連の仕事・求人情報 10月15日(水)

今や新聞、テレビなどで聞かれない日はないほど、注目されている地球環境問題。環境・エコのビジネス市場は2020年、90兆円に拡大すると予想されています。環境・エコに関連する求人をピックアップします。

太陽光発電、エコキュートなどの営業(営業先:全て訪問先指定)/勤務地 東京都中央区/ハローワーク

荏原の品質を全世界に展開する品質管理/ポンプ製品の不具合に対する品質保証業務および新規開発品に対する品質面からの審査/勤務地 千葉・東京・神奈川/掲載終了または更新予定11/4 リクナビネクスト

<本日のエコとぴ>注目・地球環境問題ニュースをピックアップ!10月15日(水)

セシウム濃度、過去最高=地下水、25万ベクレル-東電「台風の影響」・福島第1

出典:セシウム濃度、過去最高=地下水、25万ベクレル-東電「台風の影響」・福島第1/時事ドットコム

14日、福島第1原発の井戸から採取した地下水から、高濃度の放射線汚染水が検出された。9日に比べ3.7倍に上昇。「台風18号などで地下水位が上昇して、(トレンチから周辺に漏れた)過去の汚染水などに触れて、高い濃度が検出された可能性が高い(東電)」と記事は伝えている。

東京電力は14日、福島第1原発2号機東側にある井戸で13日に採取された地下水から、セシウムが1リットル当たり25万1000ベクレル検出されたと発表した。前回採取した9日と比べて3.7倍に上昇し、同原発護岸に設置された観測用井戸で採取された地下水のセシウム濃度としては、過去最高となった。

出典:セシウム濃度、過去最高=地下水、25万ベクレル-東電「台風の影響」・福島第1/時事ドットコム

<本日のエコとぴ>注目・地球環境問題ニュースをピックアップ!10月5日(日)

原子力損害の補完的な補償に関する条約

出典:原子力損害の補完的な補償に関する条約|河野太郎公式ブログ ごまめの歯ぎしり

原子力損害の補完的な補償に関する条約(CSC条約)の締結を我が国は検討している。

この条約は、原子力損害に関する訴訟の裁判管轄権を事故発生国に集中させ、原子力事業者が過失の有無を問わず賠償責任を集中して負うことを求める。

締約国内で事故が起きた場合に3億SDR(約470億円)以上の賠償措置をすることが締約国に義務付けられる。そしてそれを超えた分について、他の条約の締結国が拠出金を出して事故発生国による賠償を補完して補償する。

出典:原子力損害の補完的な補償に関する条約|河野太郎公式ブログ ごまめの歯ぎしり

 

地球環境問題に【仕事】【働く】で貢献する!本日の環境・エコ関連の仕事・求人情報 9月25日(木)

営業事務【正社員】/勤務地 東京台東区/月給18万円以上/工場への発注業務/経験不問/ハローワーク

業務用空調機の機械設計【正社員】/勤務地 東京都千代田区/空調機器の機械設計、営業技術支援/月給20万3000円以上/未経験者歓迎、専門・短大卒以上 理系・工業系の学部を専攻された方/掲載終了または更新予定10/21  リクナビネクスト

エコヒーターの営業【正社員】/勤務地 大阪市港区、東京都港区/エコヒーター(省エネ型ヒーター)を販売する技術営業/月給20万~30万円/未経験者歓迎、高卒以上/掲載終了または更新予定10/21  リクナビネクスト

 

<本日のエコとぴ>注目・地球環境問題ニュースをピックアップ! 9月25日(木)

「この星で我々が存在するための最大の課題へ取り組む時、それは今」 /huffingtonpost「今を生きる私たち人類は、恐らくこれまでの歴史上を生きてきた他の人類よりも困難な課題に直面しています。歴史的な偉業を成し遂げられるか、それとも歴史から非難されるか、のいずれかなのです」(レオナルド・ディカプリオ 23日、国連気候変動サミットで)

温室効果ガスの削減目標 来年最終合意を目指すことで一致 /朝日新聞 地球温暖化問題について話し合う国連気候変動サミットで、国際的な枠組みや温室効果ガスの削減策について、2015年末の気候変動枠組み条約締約国会議(COP21)での最終合意を目指すことで一致した。米オバマ大統領は「来年の早い時期に(20年以降の)新たな削減目標を提示する」と表明した。

話題の商品がお得に試せる【サンプル百貨店】

 

電気使用量10%~15%削減に成功した企業も。「電気の見える化」に取り組む企業増加中。

「節電して電気代を安くできれば、利益と同じ…」ということで、企業は夏を前に節電対策に余念がない。工場の屋根にビニールハウスなどで使われる遮光遮熱シートを工場の屋根に張ることで内部の温度を下げたり、手作りでミストを発生させる扇風機を考案して工場内を涼しくさせるなど、知恵を絞り節電に取り組み、中には10%~15%の電気量の削減に成功した企業もあるという。その強い味方になっているのが「電気の見える化」だ。

夏目前。「電気の見える化」で節電対策に取り組む企業急増中。10%~15%の電気の節約も夢ではない!?(BlueBizNet)

「電気の見える化」に取り組む企業が増えている。

「電気の見える化」に取り組む企業が増えている。

 

 

「電気の地産地消」が活発化 5地域で「ご当地エネルギー市民ファンド」が出資を募集

 

 

 

株式会社自然エネルギー市民ファンドと、おひさまエネルギーファンド株式会社は10月17日、東京都内で共同記者会見を開き、北海道、福島、長野、神奈川、山口で、市民から出資金を募り「全国ご当地エネルギー市民ファンド」を始めることを明らかにした。北海道は4MWの風力発電で、その他は0.8~2MWの太陽光設備を建設する計画で10月より順次、出資金の募集を開始する。

 20131017-003-1

福島第一原発の事故以降、自然エネルギー発電の固定買取価格制度の開始を契機として、全国各地で地域事業として発電事業が始まっている。国内では企業や自治体が中心となり、風力発電に取り組んでいるが、風力発電の先進地ドイツやデンマークでは個人が出資する「市民風車」が多く建設されており、デンマークでは8割が個人や共同組合出資による「市民風車」だ。

国内では「NPO法人北海道グリーンファンド」が建設費用2億円の8割を市民からの出資と同ファンドに集まったお金でまかなう形で2001年9月、北海道・浜頓別町に第一号となる「市民風車・はまかぜちゃん」が誕生。以来、各地域で「市民電力」への取り組みが広がっている。

これまで電力会社が事業を独占し、消費者は決められた価格で買うのが当たり前だった電気だが、地域の住民が自前で必要な電気を作り、消費する「電気の地産地消」の動きが活発化している。

 千葉商科大学の伊藤宏一教授は、「日本でも江戸時代には地域でお金が流れる仕組みがあったが、2000年ごろまでは郵便貯金により国に集める仕組みが機能し、地域にお金が流れなくなった。お金には悪い流れといい流れがあり、いい流れを作る必要があるが、自分がいいと思うことに投資するクラウドファウンディングやソーシャルファイナンスと同じように、社会のためにという意識で行動する『消費者市民』という考え方が大切だ。エネルギー設備は企業が大きな資本を投じて建設するケースが多いが、市民ファンドの形でゆるやかに地域を自立、発展させていくことにもつながり、お金のいい流れを作る上でものぞましい」と話す。

 自然エネルギー先進地ドイツ、デンマークなどで、脱原発や再生可能エネルギーの普及に大きな役割を果たしたのが、「地域のことは自分たちで考える住民自治」と言われる。様々な国の問題や硬直化した制度により、地域にお金が流れなくなり、地方の過疎化や疲弊が進んでいる。エネルギー問題を地域再生につなげられるか。再生エネルギーへの取り組みを契機として、住民自治や地域社会に新たな取り組みが始まっている。

福島原発事故で自ら被災者となった女性映画監督が自らの妊娠、出産を描いたドキュメンタリー今春上映

福島原発事故から間もなく5年。事故直後、取材をしていた映画監督の海南友子(かなともこ)さんが、現場の福島で自らの妊娠に気づいてから、出産までを描いたセルフドキュメンタリー「抱く{HUG}」(ハグ)の試写会が都内で行われた。

hagu_1

福島原発事故取材中に知った自らの妊娠。今春、公開される「抱く(HUG)」は、原発事故の取材、京都への避難、出産まで、自らの体験を撮ったセルフドキュメンタリーだ。

不妊治療を続け、諦めかけていた中で突然、知った自らの妊娠。うれしい気持ちの一方で、高い放射線の中で取材を続けたことへの後悔、そして、福島で出会った母たちの苦しみが自分のことになった瞬間だった。原発事故により突然、ごく当たり前だった日々の暮らしがすべてが変わってしまった。

取材を続けるべきか、迷い、苦しんだ末、「なにもかも変わってしまった世界」で、母となる意味を記録するため、カメラを回し続けることを決意する。自らも被災者となった体験に、被災地から避難した母親たちへのインタビュー、津波の被害を受けた街などの取材を加え、完成した作品が今春、全国で公開される。

(さらに…)