環境ナビ

「環境ナビ」は、地球環境問題のニュースを取り上げます

原発は止めるしかない

原発は止めるしかない

このエントリーをはてなブックマークに追加

ある企業関係者が、「個人的に原発は悪いと思っていても、会社に行けば、会社の立場で発言しなければいけない」と語っていた。

これまで、そんなムードが少なからず続いていたが、有力企業の多くが再生可能エネルギーへシフトする動きを強めている。

これまで二つの顔を持たなければいけなかった企業人の環境も近い将来、変わるかもしれない。

国民の多くが脱原発を望んでいるが、生活がある人々にとって、勤める会社の意向に逆らえないのは当然のことだろう。国民の声に応え、一生活者である、働く人たちの気持ちをくみ取り、力を引き出していくのはトップの務めだ。

「世界一の安全性能」と謳う日本の原発だが、原発事故収束の見通しも見えず、その真偽は定かではない。一方、ひとたび原発事故が起これば、広範囲にわたって人が住めない土地になり、その被害は何万年にわたって未来に続く。

原発事故後、原発を動かさずに乗り切ってきたことが、原発がなくてもやれるという、何よりの根拠だ。

そんな危険のあるものなら、動かす必要はない。脱原発を願っている国民の声に、政府、企業のトップは応えるべきだ。

http://mainichi.jp/articles/20160314/ddm/002/070/078000c

301 Moved Permanently

mainichi.jp

«

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください