環境ナビ

「環境ナビ」は、地球環境問題のニュースを取り上げます

トランジション

地域で生まれる持続可能への取り組みの芽。気軽に、楽しみながらが長続きの秘訣<地球環境問題 コミュニティーからの挑戦(後編)>

個人でできる地球環境問題 取り組みの輪が広がる

毎年、行われるひかり祭りで使う電力はすべて再生可能エネルギーでまかなっている。(出展:「日本のトランジションタウン事例集」DVDより)

毎年、行われるひかり祭り(藤野)で使う電力はすべて再生可能エネルギーでまかなっている。(出展:「日本のトランジションタウン事例集」DVDより)

気候変動など山積する地球環境問題に、世界の国々は有効な解決策を打ち出せない。一方、原発問題や経済環境は厳しさを増し、貧富の格差も広がる。石油依存や、巨大な経済システムの中から抜け出すのは容易ではない。そんな状況の中でひとつの解決策を導き出す手法として、トランジション(移行・脱依存)の活動が注目されている

 

壮大なスケールの社会実験

トランジション・タウンは2005年、イギリスのトットネスという町で脱石油社会へ移行していくための草の根運動として始まった現代は大規模農業を目指す動きが主流だが、この対極として1970年代にパーマネント(permanent)とアグリカルチャー(agriculture)を組み合わせ、「永続する農業」という意味の造語「パーマカルチャー」が生まれた。トランジションは、この概念が基本となっている。

神奈川県・藤野は、パーマカルチャーや自然と暮らしに関わる市民活動も盛ん。

神奈川県・藤野は、パーマカルチャーや自然と暮らしをテーマにする市民活動も盛んだ。

元々パーマカルチャーや自然建築の教師をしていたトランジション・タウン創始者のロブ・ホプキンスさんは、気候変動、エネルギーなどの地球環境問題、厳しい経済環境など様々な困難な課題に対して、「パーマカルチャーやエネルギーを自給する試みの中にヒントが隠れているのではないか」と考えた。この発想を原点として「地域にある資源を生かし、その可能性を最大限引き出す」「足もとにある豊かさを認識する」「人とのつながりを大切しながら、楽しく生きる」「想像力を発揮し、とにかくやってみる」といった具体的な活動に広がっていった。

「トランジションは壮大なスケールの社会実験。うまく行くかは分からない。でも、確信しているのは、政府がやってくれるのを待っていたのでは間に合わないということ。個人として行動していては小さすぎる。しかし、コミュニティーとして行動すれば十分な規模で、しかも間に合うかもしれない」と前出のロブ・ホプキンスさんは語っている。(DVD In Transition2.0より)

食、エネルギーの自給など幅広い活動を展開

神奈川県の藤野で活動するトランジション藤野にもその考えが引き継がれ、ワーキンググループと呼ぶ数人単位のチームで活動している。持続可能な食と農の在り方を模索する「お百姓クラブ」は、食の自給自足、自然の循環を生かした農法、在来種・固定種の継承などに取り組んでいる。また、森に生かされてきた日本人の文化を再認識しようと活動を行っているのが「森部」。女性や子どもなども気軽に参加できる「皮むき間伐」などを中心に、山と人との接点を蘇らせる活動に取り組む。

再生可能エネルギー発電を希望する人向けにシステム組み立てのワークショップを開催(日本のトランジションタウン事例集」DVDより)

再生可能エネルギー発電を希望する人向けにシステム組み立てのワークショップを開催(日本のトランジションタウン事例集」DVDより)

また、「藤野電力」は大企業に頼り切っていたエネルギーを自分たちで作ろうと、自然や里山の資源を見直し、自立分散型の自然エネルギーを進めている。再生可能エネルギーの発電システム組み立てワークショップを開催したり、藤野地域で発電設備などの施工にも取り組む。毎年、開催するひかり祭りでコンサートなどに使う電気は、すべて再生可能エネルギーでまかなっている。

藤野での生活には車が欠かせないが、「将来的には石油依存から脱却する」との考えから、電動アシスト自転車や電動スクーターも導入した。また、電気が充電できるようにと現在5カ所に再生可エネルギーで作った電気の充電ステーションを設置済みで、今後も増やしていく考えだ。この他、「内なるトランジション」をテーマに行き過ぎた消費主義、競争主義の背景にある不安やトラウマ、自分自身を見つめるなど心や内面へのアプローチや、「健康・医療」に取り組むワーキンググループもある。

取り組むテーマは様々。地域の魅力を発掘

現在、国内では50カ所のトランジションが活動しているが、その活動内容は様々なテーマに及ぶ。何をするか、こうしなければいないという決まりやルールはなく、各々のトランジションに委ねられている。その地域の特性に応じて、子育て、農業、マーケットなど取り組むテーマは様々。

藤野ひかり祭りには5000人が訪れる。年々、規模が大きくなってきている。

昨年のひかり祭りには5000人が訪れた。年々、規模が大きくなってきている。(撮影:梶間陽一)

「おいしいや嬉しい、楽しいといった活動であれば、人は集まりやすいですね。『お正月に餅を食べたい、それなら自分たちでもち米から作ってみよう』という話が出たので今年は、陸稲(おかぼ)の栽培に挑戦しています。また、メンバーは都内に勤めている人も多いが、藤野で働きたいという声もある。そこで、『こんなことで困っている』『こういう仕事ができる』という人を結ぶハローワークのような仕組みづくりも進めています。地域の声を聞くことで何が求められるのかが分かる。『できるかどうかは分からないが、とりあえずやってみる』というのがトランジションの基本的なスタンスです。そして、それが確実に地域力を上げ、きっと大きな問題も解決できるようになると考えています。こうなりたいという未来を描いて、創造力を働かすこと、楽しみながら活動していくことを大事にしています」とトランジション藤野の小山宮佳江さんは言う。

「個人では小さすぎるが、コミュニティーとして行動すれば十分な規模で、しかも間に合うかもしれない」という創始者ロブ・ホプキンスさんの想いは共感を集め、トランジションの活動は瞬く間に世界43カ国、1000を超える地域で行われる活動に拡大した。

人類は多くの自然を壊しながら、経済的な繁栄を築いてきたが、そこで失うものも大きいということに一部の人々は気づき始めた。トランジションの活動を行いながら、本来の自分を取り戻したり、人とのつながりの大切さに気づいた人がいる。そして、コミュニティーでの活動も少しずつ成果が出始めている。地域で自分たちができる範囲で地球環境問題に取り組む人々、行動しようという人々の輪は着実に広がろうとしている。(ライター 橋本滋)

石油に依存しない暮らしを目指す草の根・市民活動「トランジション」。見直される「お互い様」という生き方 <地球環境問題 コミュニティーからの挑戦(前編)>

 地域でゆるくつながって、自分ができることをする

芸術の街らしく、町の所々に設置した再生可能エネルギーの充電スタンドは自然なオブジェとして景観に溶け込んでいる。

藤野(神奈川県)では町の所々に再生可能エネルギーの充電スタンドが設置されている。芸術の街らしくオブジェとしてアレンジされ、景観に溶け込んでいる。

石油に依存しない暮らしを目指す草の根の市民活動として2005年にイギリスで誕生した「トランジション(移行・脱依存)」。現在、世界43カ国、1000を超える地域でトランジション・タウンが生まれ、日本でも約50カ所で活動が行われている。「50年後、100年後の未来を考えて行動することは、一人では難しいけれどみんなと一緒ならできるかも」「できることからやってみる」。そんな取り組みやすさが共感を呼び、活動の輪が広がっている。

 

国内の草分け的存在 トランジション藤野

トランジション・タウンは、石油依存や、大量消費の生活から持続可能な生き方にトランジット(移行・脱依存)していこうという思う人たちが集うコミュニティー。その中で「一人ひとりができることをしていくこと」を基本として、同じ志向の仲間が地域の中でゆるくつながり、様々な活動に取り組んでいる。

外部の見学者向けに行われるツアーには、環境問題を学んでいる大学生、仕事に役立てたいという会社員まで様々な立場の人が参加する。

外部の見学者向けに行われるツアーには、環境問題を学んでいる大学生、仕事の役に立てたいという会社員まで様々な立場の人が参加する。

トランジション藤野は2008年、国内におけるトランジットの広がりにパイオニア的な役割を果たした榎本英剛氏が、友人3人と藤野に移住してスタートしたのが始まりで、草分け的な存在だ。神奈川県の藤野は都心から電車で約1時間、同県の水源地・相模湖や、森など豊かな自然が広がる。人口約1万人で、戦時中に疎開画家が移り住んだり、芸術の街として街起こしをされた経緯もあり、芸術家が多く活動するほか、近年は自然志向の高い人が移り住むようになった。

トランジションを仕事のヒントにしようと考える人もいる。藤野に移り住んで半年という野口正明さんは、外資系企業に勤める経営コンサルタントで、今も月に数回、片道2時間以上かけて都内に通勤する会社員だ。トランジションに参加した動機は、「ここでは大雪に見舞われれば、誰彼となく自然に助け合う。こうした個人の自発性こそ、今、企業経営に求められていること。仕事のヒントになると思ったのがきっかけだった」と話す。この他、「トランジション藤野の活動に魅力を感じた」「子どもが学校に入学した」「農業をしたかった」など、参加の理由は人それぞれだ。

地域通貨「萬(よろづ)」は300人が利用

現在、コアメンバーは20人ほど。当初、映画の上映会、保存食づくりなどを単発的に行ってきたが、現在はお百姓クラブ(食の自給自足)、藤野電力(自然エネルギーの自給)、森部(新しい森の文化発信)など活動の幅が広がっている。

地域通貨「萬」で使う通帳。利用者は300人までに増えた。

地域通貨「萬」で使う通帳。利用者は300人までに増えた。

2010年からは現在、利用者が300人に広がっている地域通貨「萬(よろづ)」を始めた。「萬」は、地域内で使える「お金」。例えば、パソコンを教えてあげる代わりに、野菜をもらうといったように、サービスを受けたら、自分のできることでお返しするといった形で使う。藤野地域通貨「よろづ屋」の目安は1萬=1円で、紙幣ではなく「通帳」を介して行われる。メンバー間で通帳と情報(出来ること、して欲しいこと、連絡先など)を共有して、一対一で取引する。何かをしたときはプラスを、してもらったときはマイナスを書き込み、お互いにサインする。取引例は車の送迎、料理を作るなど様々。例えば、ブログで「よろづでヘアカット」という記事を見た人ができる人に連絡を取る。自宅まで来てもらい、小学生の娘、父、母の前髪をカットしてもらい、3000萬と夕食で取引成立といった感じだ。

「よろづ屋」は「0萬」からスタートするので、メンバー同士の萬の合計は必ず「ゼロ」になり、何も行わなければ「ゼロ」のまま。たくさん取引が起こればそれだけ価値が生まれたことになるが、その価値とは単に物やエネルギーだけでなく、人々の間に「絆」が生まれるのもユニークなところだ。

参加する全員に役割がある

地域通貨により、住民のつながりが生まれ、住民に何が求められているか分かるようになった。

住民のつながりが生まれるとともに、住民から何が求められているか分かるのも地域通貨の良さだ。

「お互い様」という関係、「誰も、のけものにしない」というのもトランジションの魅力

「何も自分はできないと思っている人でも、誰かが旅行にでかけるときに、庭の水撒きなどを代行できる。『これはできないけど、これはできる』とやり取りを交わすことで、地域の人のつながりができるとともに、これが欲しいというニーズがあるのが分かってくるし、それなら自分達で作ろうとみんなで協力して取り組むこともできる。地域通貨は人と人がつながって使える、そんなお互いさまのお金です。『マイナスばかりが貯まってしまい、追い目に感じる』という人もいますが、そういう人には誰かがそれだけ役に立ったということで、『いいことをしたんですよ』と言っています」と事務局の担当者は笑う。

地域、そしてそこで暮らす人たちの関係を大事にしながら、それぞれの個性も大事にする。そんなゆるいつながりが、トランジション・タウンの特長だ。「会社と往復するだけの忙しい毎日。このままの生き方でよいのか、自分を見つめ直したかった」など、仕事や、自分の人生やライフスタイルをどう考えるべきかなど、将来へのヒントにしたいという人もいる。

都内でOLをしていた女性は、「冬場、雪がたくさん積もって怖かったが、近所の人が声をかけてくれたので安心した。都内に暮らしていたときは、仕事を中心にして住む場所を決めるという感じだったが、(藤野に来てからは)何を最優先に考えるか選択や判断の基準が変わった」と言う。

「生きるのが楽しくなった」「人の役に立てるのがうれしい」という参加者の言葉は印象的だ。かつて田舎の濃密な人間関係を嫌い、多くの若者が都会へと移り住んでいった。そして、便利な都会暮らしの一方で、流される日々、人間関係が希薄になり、多くの人がこのままでいいのかと疑問を感じている。トランジション活動には、それぞれの人が抱える疑問や悩み、生き方”を見つけるヒントがあるようだ。(ライター 橋本滋)【次回に続く】